介護施設・介護の会社での面接 服装・髪型・面接対策

履歴書などと並んで転職活動で大切な採用面接ですが、人柄や接遇態度などが重要視される介護業界では特に好印象を意識したいところです。良い職場でよい条件で転職するためのの面接対策として、服装や髪型、面接の対策などを紹介します。介護施設や事業所での面接の場合や介護事業をする会社の本社などで、面接や採用を担当する人は違うので少し考え方が違います。

良い職場でよい条件で転職するためのの面接対策

良い職場に転職するための面接対策としては、まず緊張せずにゆっくり話すことです。出来ることなら過去の質問などを友人や先輩、転職エージェントに聞いて練習してみるのも一つの手です。また、介護がメインの職場なら自分がどうしてこの仕事を志望したのか聞かれるなどは予想できるので口に出してみるだけでなく紙に自分が志望した動機など自分が言うであろう言葉を書いてみるのもお勧めします。予想というのは非常に大切で練習も無しに面接に挑むと、突然想定してなかった事を言われてパニックになるのが普通です。しかし何パターンも予想をすることで、どんな質問が来ても答えられるようにしておくことが最も大切です。

良い印象にするための面接対策

良い印象にするための面接対策として、まずは身だしなみです。面接というのは短い時間で面接官がこの職場に入れる人材なのか判断するわけで、身だしなみが悪かったら元の子もありません。また、この会社に入っても違う会社に転職するかもしれないと言うのはやめておきましょう。親の介護のためとか病気のため特別な場合を除き、ネガティブな事を言うのは出来るだけ避けたいです。次に声を自分の限界まで張り切って喋れるようにしておき、他の人間に負けないぞという強い心を面接官に見せつけるのも大切です。これだけで面接官に覚えてもらえる人材になるでしょう。

介護施設や事業所での面接の場合の服装・髪型

面接のときの髪型や服装に関しては、絶対スーツがよいというわけではありません。清潔感があり、誠実な印象があればそれほど問題にならないです。

もし、時間帯的にご利用者もいるようなときの場合には、ご利用者に対してにこやかにご挨拶できるような感じ、そしてご利用者からも好印象を持たれるような服装髪型がおすすめです。

介護事業をする会社の本社などの面接のときの服装・髪型

介護業界自体があまりスーツの習慣がないため、大手でオフィスビルの本社などに面接に行く場合にはスーツが適切ですが、介護現場に行く場合にはユニクロの服程度のレベルのフォーマルさがあれば悪い印象はないです。このあたりは転職エージェントを利用するとどんな服装が適している職場かをしっかり教えてくれます。
どんな服装だとしてもキチンとクリーニングやアイロンをしたりして、靴なども出来るだけピカピカな状態で挑みましょう。

介護の職場は特に高齢者の方と多く接するという特性上、髪がボサボサ、男性の場合は特に目や耳があまり見えないような髪型はまだまだ賛否あるので極力避けましょう。散髪屋で清潔感がある感じに切ってもらう事をお勧めします。これらのことが出来るか出来ないかで大きく面接官の印象に影響します。
面接のときのマナーを何度も調べて完璧な状態で挑みましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事