介護業界での転職の準備・進め方 失敗や後悔をしないために

人間関係が強い介護業界での転職活動では、失敗や後悔をしないために準備や進め方の原則があります。気持ちよく円満退社し次のステップに進むために重要な、転職の準備・転職活動の進め方原則を紹介します。

介護業界での転職の準備は「こっそりと」が原則

介護の仕事に限らず、どんな仕事でも中に入って実際に働いてみたら仕事に対する理念が違っていたなどということがあります。介護の業界も例外ではなくエージェントを通して、あるいは知り合いの伝手等で、職場を変えたいという人は少なくありません。でも、転職を考えるならばあまり周りに言わずにこっそりと準備することをおススメします。現在の職場での人間関係が悪くなって、退職の日まで働きにくくなってしまう可能性があったり、身に覚えのない噂が立ってしまうかもしれません。そういった面倒を回避するためには、やはり誰にも内緒で活動するということは重要なポイントだと言えそうですよね。
退職や転職に迷う

介護の転職はエージェントを使った方が間違いない

介護の業界で転職を考えるなら、やはりエージェントの力を借りるのが近道だと言えます。転職サイトに自分の希望や都合に合った条件で登録をします。すると担当者が希望に近い条件の職場を紹介してくれるというシステムになっています。希望を挙げるのは登録者側であるため失敗しない確率が格段に上がりますよね。それに、ただでさえ忙しい業界です。職場を変えたいと思っても、自力で自分の希望に近いところが見つかるとも限りません。その点、登録さえしておけば紹介してくれるのですから、時間も労力も大きく節約することが出来るということではないでしょうか。

介護業界での退職願は次の職場が決まってから

介護業界で働いている人が退職する際の重要なポイントは、必ず次の職場が決まってからにするということです。次の働き先が決まっていないのに、辞めてしまっては収入の心配がありますし、引き留められた時に決心が揺らいでしまうということもありますよね。この業界は慢性的に人手が足りていない場合が多いので、急ではなく1カ月から3カ月前には上司に意向を伝え、退職願を書くようにしましょう。狭い世界なので辞める際にトラブルがあると、転職先に悪い噂が流れてしまうという懸念もあります。円満に辞めることが新しい生活の第一歩となることを覚えておいてください。

介護の転職ガイド

介護業界での転職の準備・進め方
介護の仕事の退職理由や退職の挨拶の具体例
介護施設での面接 服装・髪型・面接対策
介護の職場へ内定・退職・入社のポイント

介護から介護への転職の採用面接 質問と回答例
転職回数が多い場合の採用面接で多い3つの質問と回答例

年収500万円以上を得られる介護の仕事で求められる人材とは

介護の仕事のことがまるわかり!

介護の仕事について知る!

介護の職場(施設・事業所)の種類から仕事を探す
介護分野の職種から仕事を探す
持っている資格・過程修了・認定から仕事を探す
介護分野での転職・キャリアアップについて知る
おすすめの記事