通所介護の機能訓練指導員のイメージ

通所介護(デイサービス)の機能訓練指導員ってどんな仕事?
仕事内容、働き方、給料、資格、1日の流れ、仕事の口コミなどを徹底解説します!

通所介護の機能訓練指導員の仕事のポイント早見表

通所介護の機能訓練指導員の仕事のポイントをまとめました!

人間 ご利用者やご家族、管理者・相談員・介護職員・看護職員、外部のケアマネなどとの人間関係・調整が必要
休み 一人職場が多いので調整次第
夜勤 通所介護事業に限れば原則夜間提供・夜勤はない
残業 記録などで残業になることあるが進め方次第
経験 医療や治療院などでの実務経験は役に立つが、個別機能訓練加算を算定する場合には、算定要件を理解する必要あり。
給料 年収400万、月収で24万円くらい
資格 理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、看護師、准看護師、柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師のいずれかの資格。
事務 機能訓練計画書、報告書、実施記録などの事務的な業務がある。紙の手書きする場合とパソコンなどで記録する場合がある。
送迎 送迎職員だけで足りないときには送迎で運転することあり。気になる場合は面接時に要確認。
レク 介護職員等がレク等を主体的に行うことが多い。

(地域や事業所によって条件や業務内容に違いがありますのであらかじめご了承ください)

通所介護(デイサービス)の機能訓練指導員に必要な資格

機能訓練指導員は、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、看護師、准看護師、柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師のいずれかの資格を保有していることが要件となっています。

定員18名以下の地域密着型通所介護でも、通常規模・大規模でも、1名は有資格の機能訓練指導員がいることが必要です。機能訓練加算を算定しない場合でも、機能訓練指導員は配置しなとならないため、看護師・准看護師資格保有者が機能訓練指導員を兼務しているケースも多いです。

通所介護とは

通所介護は、要介護状態となった場合でも、その利用者が可能な限り自分の住まいで、その方の能力に応じた自立した日常生活を送ることができるよう、生活機能の維持や向上を目指し、必要な日常生活上の世話や機能訓練を送迎付きの日帰りで計画的に提供します。高齢者が住まいで過ごしていると社会的孤立感を感じたり、心身の機能が低下したりする恐れがあるため、集団的な場で社交をしたり体操を行ったりすることを通して、これらの対策としての役割もあります。また、利用者の家族の時間的、精神的負担の軽減を図る目的もあります。

通所介護の機能訓練指導員の業務内容とは

通所介護の機能訓練指導員は、通所してくる要介護の利用者、要支援の利用者が、その方の能力に応じてできるだけ住まいで望む生活を継続できるように機能訓練を指導する立場です。

通所介護はどんな施設でも機能訓練指導員は1名は必要で、機能訓練指導員の職種である有資格者は利用者の状態を把握して効果的な機能訓練ができるように指導を行います。

個別機能訓練加算という、ひとりひとりの状態を把握して、状況や希望に合わせて効果的な機能訓練を行う体制になっている通所介護の場合には、加算の要件に沿って利用者の状態把握や書類作成などを行い、機能訓練を提供していきます。

通所介護の個別機能訓練加算(1)の算定要件のポイント

個別機能訓練加算(1)の人員配置

サービス提供時間内勤務の「常勤」の機能訓練指導員が1名必要。

個別機能訓練加算(1)の訓練内容

複数の種類の機能訓練項目を準備し、項目の選択にあたっては機能訓練指導員が利用者の選択を援助し、選択した項目ごとにグループに分かれてサービスを提供。

通所介護の個別機能訓練加算(2)の算定要件のポイント

個別機能訓練加算(2)の人員配置

提供時のみの機能訓練指導員でよい(配置時間について周知)

(非常勤で可能、雇用契約等をクリアすれば同法人内で出向や派遣での対応も可能という見解もあるが、各自治体判断になりそう)

個別機能訓練加算(2)の計画

通所介護計画の中に記載すれば、個別機能訓練計画書の代わりにできる

個別機能訓練加算(2)の訓練内容

ADL及びIADLの状態を把握し、日常生活における生活機能の維持・向上

身体機能そのものの回復を主たる目的とする訓練ではなく、残存する身体機能を活用して生活機能の維持・向上を図り、利用者が居宅において可能な限り自立して暮らし続けることを目的とする訓練

類似の目標をもつ5人程度以下の小集団で実施。(個別対応も含む)

 

通所介護の機能訓練指導員の業務については詳しくはこちら
機能訓練指導員として通所介護で働く人の情報サイト 機能訓練指導員ネットワーク

     

    通所介護の機能訓練指導員の仕事の口コミ

    通所介護の機能訓練指導員は、利用者の状態を把握して計画を作成し、計画に沿ってリハビリをしていきます。
    個別機能訓練加算を算定している場合には、「算定要件」という介護保険のルールに沿って機能訓練を提供しないと、ルール違反で実地指導の時に介護報酬の返還を求められることがあります。ルールを守って提供できると事業所の売上をアップさせたり、評判をアップさせることができるため給料も高めとなります。
    機能訓練指導員は通所介護に1人しかいないことも多いので、1人職場で心配な人はつらいかもしれません。逆に、1人ですが、職種は違う周りの同僚と協力しながらご利用者のためになる機能訓練・リハビリを考えて提供していけるので、やりがいや裁量もある程度感じられて楽しくできる方も多いです。

    通所介護の機能訓練指導員におすすめの転職エージェント ベスト3

    転職エージェントとは?

    介護分野への転職を支援しているサービスは、それぞれ紹介できる職場が違っています!
    こちらで紹介している転職サイト・転職エージェントを利用して求人探しや転職をしても、転職をする人には手数料や紹介料は掛かりません
    情報収集のために複数の転職エージェントに登録することをおすすめします!気になる案件が無ければ焦らずにほかの転職サイト・転職エージェントに登録すればきっとよりよい求人に出会えるはずです。

    介護専門求人サイト『かいご畑』

     

    • かいご畑の紹介者の57%は無資格からのスタート
    • 介護の資格講座の受講料が0円になる『キャリアアップ応援制度』
    • 短時間や残業ナシなども多数!


    \ 無資格スタートならかいご畑 /


    マイナビコメディカル 転職支援

    おすすめの3つのポイント!

    • いわずと知れたマイナビの、無料の転職・求人紹介
    • 理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)専用!
    • 登録は1分で完了!


    \ 言わずと知れた大手マイナビ! /


    理学療法士/作業療法士専門の転職支援サービス【PTOTキャリアナビ】

     

    • 給与・待遇の交渉も転職サポートが無料
    • 希望に合わせて電話、LINE、メールなどで転職サポート
    • 面接日程の調整、履歴書や職務経歴書の作成もサポート


    \ PT/OTの首都圏の転職におすすめ! /

    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします

    おすすめの記事