2021年 介護の職種別 平均年収ランキング 介護職・ケアマネ・相談員・看護・リハビリ

公益財団法人 介護労働安定センターが公表をした、令和3年度「介護労働実態調査」結果から、介護の仕事の平均年収を職種別ランキングで紹介します。

介護労働者全体の年収は 365 万 9292 円と微増、職種別ではサービス提供責任者が 3.7%アップしていました。
介護労働者全体の令和2年 1 年間の年収(月給の者、勤続 2 年以上)は、3,659,292 円(前年度 3,644,880 円)でした。

介護の職種別 月給の者、勤続 2 年以上の労働者の平均年収

職種別(月給の者、勤続 2 年以上)では、看護職員が 4,277,122 円で最も高く介護職員は3,457,919 円訪問介護員は 3,243,882 円となっています。

順位職種令和2年度(円)令和元年度(円)
全体3,659,2921円3,644,880円
8位訪問介護員3,243,882円3,252,180円
7位介護職員3,457,919円3,443,708円
6位生活相談員3,823,607円3,838,054円
5位管理栄養士・栄養士3,660,250円3,769,892円
4位サービス提供責任者3,899,562円3,758,687円
3位介護支援専門員3,912,746円3,883,968円
2位PT・OT・ST等4,182,897円4,095,506円
1位看護職員4,277,122円4,234,230円

こちらで紹介したのは月給制で2年以上勤めている人が対象の調査結果でした。

実際には訪問介護員の需要が高く、インセンティブ制度などを取り入れている事業所などでは平均年収以上に稼ぐことができるところもありますので、あくまでも平均としての参考値ですね。

平均年収350万円の介護職から年収500万円以上へ成長する方法

介護の仕事の給料は安いと言われていますが、法人の中で必要な人材、必要な任務を担う立場になれば年収500万円を目指すことも無理ではありません。介護業界でどのようにキャリアを積んでいくと年収500万円を目指せるのか、具体的な方法について紹介したいと思います。

介護分野の仕事には、求人案件数最大級でサーチ型の求人・転職サイトで!

医療介護業界に特化した求人サイトジョブメドレー。求人案件数が日本最大級だから、あなたにピッタリのお仕事が見つかる。

しつこい電話もなく自分のペースで職探し・情報収集が可能です!

ジョブメドレーは、あなたのプロフィールを見て、事業所からスカウトメールを受け取ることもできます。ご希望の年収・時給・月給などでぴったりな求人を探すことができ、ご利用者の約96%の方が「満足」という評判の良い日本最大級の医療介護求人・転職サイトです。

介護の仕事のことがまるわかり!

介護の仕事について知る!

介護の職場(施設・事業所)の種類から仕事を探す
介護分野の職種から仕事を探す
持っている資格・過程修了・認定から仕事を探す
介護分野での転職・キャリアアップについて知る
おすすめの記事