介護の職場へ内定のポイント

介護の職場で内定を決めるには、転職を切っ掛けに前向きな面接を受けて、施設の見学も積極的な姿勢で臨むのがポイントです。
また、見学をしたらお礼の気持ちを伝えましょう。お礼はその場でも伝えるべきですが、改めてお礼状にしたためることも大切です。
言葉でお礼をするのも大事ではありますが、手紙の形で書いて出すのもポイントとなります。
電話やメールのみで済ませるのは論外ですし、理由はどうあれ送付が遅れるのもNGです。行動は常に速く、後回しや先送りにしないで速やかに済ませるのが理想的です。
施設の採用担当者は、こういう部分も見て評価や判断をしますから、就職が決まるまでは気を抜かないのが基本姿勢です。

介護の職場へ内定が決まったときの退職時期と引き止め調整

無事に介護の職場へ内定が決まったら、なるべく猶予を持たせて退職の希望を伝えたり手続きを進めましょう。
理想は2~3ヶ月くらい前で、仕事の引き継ぎを含めて勤務先の負担を減らしたいところです。
法的には2週間前に申し出ればよいことにはなっていますが、最低でも1ヶ月間は欲しいところですから、転職先が確定したら迷って先送りにするのはやめましょう。
退職時期を早めにすると、有給消化の猶予も生まれますし、退職手続きも焦らずに済ませることができます。
引き止めについては、時間を掛けて出した結論ということや、決めたことで気持ちは変わらないと伝えるのが賢明です。
人材としての必要性を訴え掛けたり、給料アップの提案はあるでしょうが、一貫した対応で諦めさせるのが正解となります。

もし、転職したい理由が給料アップである場合には、転職活動前に給料アップの可能性について上司などに経済的に厳しい状態であることなどを話しながら相談しておくと後悔なく、また引き止めされてたとしてもあまり罪悪感なくされると思います。

現職場から引き止めや嫌味を言われても有給消化をすべき

上司に職場を退職する話をすると、引き止めされたり、嫌味を言われたりすることもあるかもしれません。

もしも有給休暇が残っている場合には有給消化をしっかりとしてから新しい職場へ転職することをお勧めします。新しい職場への面接の時には、 有給消化をすることも考慮して入社時期を伝えておきましょう。

新しい介護職場への入社のポイント

新しい介護職場への入社は、転職活動や引き継ぎに余裕を持って取り組み、有給消化ができるようにスケジュールを立てるのがポイントです。
計画性がなかったりギリギリだと、気持ちの余裕がなくなるどころか入社時にミスしてしまいがちです。
準備は念入りに、気持ちを新たに働けるように備えたいものです。
当然ながら挨拶も必要ですし、第一印象がその後の人間関係に影響しますから、すんなりと受け入れてもらえることを重視しましょう。
持ち物は事前に確認して早めに用意すること、何度も確認して不備がないか要チェックです。
身だしなみも第一印象や評価に影響しますから、しっかりと準備を済ませて入社当日に備えるべきです。

転職の流れが心配な場合には、転職エージェントを活用して相談しながら進めることをおすすめします。

介護の仕事のことがまるわかり!

介護の仕事について知る!

介護の職場(施設・事業所)の種類から仕事を探す
介護分野の職種から仕事を探す
持っている資格・過程修了・認定から仕事を探す
介護分野での転職・キャリアアップについて知る
おすすめの記事