ケアマネジャー(居宅ケアマネ)ってどんな仕事?
仕事内容、働き方、給料、資格、1日の流れ、仕事の口コミなどを徹底解説します!

居宅ケアマネの仕事のポイント早見表

一般的な居宅介護支援事業所のケアマネジャーの仕事のポイントをまとめました!

人間 ご利用者・家族・他施設・医療者・同僚などいろいろなコミュニケーションが必要
休み 担当制かつ自分でスケジュールできるので比較的自由!
夜勤 夜勤は無い
残業 効率的に業務を進め、利用者都合などをある程度割り切れば残業無い
経験 ケアマネ資格取得後も、研修・制度の勉強などが求められる
給料 平均年収420万、月収基本給で22万5000円くらい
資格 介護支援専門員資格(公的資格)が必要、5年で更新研修が必要
事務 エクセル・介護報酬計算・各種計画書や実績管理などの事務仕事多い
送迎 送迎は無し、外回りは多い
レク 多くの利用者と同時に関わることは少ない

(地域や事業所によって条件や業務内容に違いがありますのであらかじめご了承ください)

居宅ケアマネに必要な資格

介護支援専門員

居宅介護支援事業所では、基本的には介護支援専門員の資格が必要で、居宅ケアマネとしてご利用者の居宅サービス計画(ケアプラン)作成などの業務を行います。所定の実務経験期間を経て、介護支援専門員実務研修受講試験に合格し、介護支援専門員実務研修を修了すると、都道府県知事が介護支援専門員として資格を認められる登録できます。

 

\ 講座案内を無料で一括資料請求 /


居宅介護支援事業所とは

ケアマネジャー(居宅ケアマネ)が働く居宅介護支援事業所とは、ケアプランセンターとも呼ばれ、生活上の介護を必要としている人が適切な支援を受けられるよう、各種介護保険サービスなどに関する手続きや、ご利用者の生活全体をプランニングした「居宅サービス計画(ケアプラン)」を作成して、チームで要介護者の生活を支えるための全体のマネジメント役を担う事業所です。居宅介護支援事業所では、主に要介護1~5の認定を受けている人を対象としています。(一部地域包括支援センターから委託を受けて要支援者を担当することもあります。)

居宅ケアマネの業務内容とは

ケアマネの仕事 7つ の大切な業務

  1. アセスメントに当たり、居宅を訪問し、利用者及び家族に面接。
  2. 計画原案に係る担当者全員を招集して行うサービス担当者会議を開催。
  3. 居宅サービス計画原案を説明し利用者の同意を得る。
  4. 居宅サービス計画を利用者・担当者へ交付する。
  5. 1月に 1回は居宅を訪問し、利用者に面接した上で、そのモニタリングの結果を記録。
  6. 更新認定時等もサービス担当者会議を開催。
  7. サービス計画変更時も作成時と同様の一連の業務を行う。

ケアマネが行う援助の流れ

  1. 利用希望者・家族はどのような介護サービスの希望をするか面接(インテーク)
  2. どのような介護サービスが必要かを査定(アセスメント)
  3. 介護保険が利用できるようにサービス計画
  4. 個別支援計画を作成(プランニング)
  5. サービスの利用開始後も提供されている介護サービスが適切か否かを定期的に評価(モニタリング)して要介護者と介護者の状況に合わせて再びアセスメント、プランニング

ケアマネジャー(居宅ケアマネ)の業務の具体例

1日の仕事の流れの例

  • 9:00 1日のスケジュールの確認
  • 11:00 ご利用者宅へモニタリング訪問
  • 12:00 お昼休憩
  • 13:00 事業所に来客あり、介護相談
  • 15:00 役所へ訪問し各種手続き
  • 17:00 1日のまとめ、居宅サービス計画の作成、サービス事業所と連絡

1か月のスケジュール例

  • 月の上旬、「サービス事業所からの実績管理」と「給付管理」
  • 10日までに国民健康保険団体連合会(国保連)に電送
  • 月の中旬、担当者会議スケジュール調整、利用者宅へのモニタリング訪問
  • サービス担当者会議開催、地域との連携、各種書類などの整理
  • 月の下旬、翌月の提供予定(サービス提供表)を事業者へ交付

居宅ケアマネと施設ケアマネの違い

自宅や高齢者住宅などに住む利用者を担当する居宅ケアマネも、特養や老健などの施設ケアマネも、どちらも介護支援専門員の資格が必要な仕事です。しかし、居宅ケアマネと施設ケアマネでは業務のスタイルや業務内容が大きく異なります。

担当する人数の違い

例として、特養の施設ケアマネの場合、特養の基準として入居者100名に対して介護支援専門員が1名となっています。つまり、特養の施設ケアマネは100名分のケアプランを作成する場合があるということです。居宅ケアマネの場合には40名が基準なので、施設ケアマネの方が担当数は多くなります。

事業者やほかのスタッフとの関わり・立ち位置の違い

居宅ケアマネは単独で行動して、利用者に合った居宅サービスの事業者と間接的に関わってケアを進めていきます。施設ケアマネは介護や看護のスタッフが同じフロアで介護している中で、状況を確認しながらケアプランを考えていくという点で違います。

介護請求の業務の違い

居宅ケアマネは、訪問介護・訪問看護・通所介護・短期入所生活介護・福祉用具貸与などの介護保険の居宅サービスをいろいろ調整して介護度に応じた区分支給限度額の計算をしたり、事業者とやり取りをしたりして加算や減算を調整したりすることが多いです。施設ケアマネの場合には、生活介護として1日当たりの介護保険の額がある程度決まっているので、介護請求に関しては居宅ケアマネよりわかりやすいです。また、施設によっては事務の部署があり、請求関連の業務は事務部で一括して行うことも多いので、細かな計算などを主体的に担当しないこともあります。

居宅ケアマネの仕事の口コミ

自分で自由にスケジュールできるので、ライフワークバランスも保てますね!長く無理なく続けるためには、ラインを決めて割り切って仕事することが大切です!
ケアマネジャーは、職種や事業所という枠を超えて、ご利用者が望む生活を一緒に考え支援するという仕事です。介護視線専門員の資格を取る前は、介護の現場で、自分の施設や職務の中でできることを考えてご利用者へのいろいろな支援をしますが、居宅ケアマネは「適材適所」で地域の事業所やインフォーマルなサービスを上手にマネジメントして、ご利用者のニーズをかなえていくマネージャーです。良いマネジメントができると、ご利用者もご家族も喜んでくださいますし、サービスを提供している事業所の方たちとも良好な関係が築けてとてもやりがいがある仕事です!
ケアマネジャーは、職種や事業所という枠を超えて、ご利用者が望む生活を一緒に考え支援するという仕事です。介護視線専門員の資格を取る前は、介護の現場で、自分の施設や職務の中でできることを考えてご利用者へのいろいろな支援をしますが、居宅ケアマネは「適材適所」で地域の事業所やインフォーマルなサービスを上手にマネジメントして、ご利用者のニーズをかなえていくマネージャーです。良いマネジメントができると、ご利用者もご家族も喜んでくださいますし、サービスを提供している事業所の方たちとも良好な関係が築けてとてもやりがいがある仕事です!

ケアマネジャー(居宅ケアマネ)の転職におすすめの紹介サービス ベスト3

転職エージェントとは?

介護分野への転職を支援しているサービスは、それぞれ紹介できる職場が違っています!
こちらで紹介している転職サイト・転職エージェントを利用して求人探しや転職をしても、転職をする人には手数料や紹介料は掛かりません
情報収集のために複数の転職エージェントに登録することをおすすめします!気になる案件が無ければ焦らずにほかの転職サイト・転職エージェントに登録すればきっとよりよい求人に出会えるはずです。

厳選&非公開求人が多い【ココカイゴ転職】

 

  • 職場の雰囲気や残業、年収など、独自インタビューで詳細に掲載
  • 問い合わせれば好条件な非公開求人も多数、無料の転職支援まで
  • 応募フォームはチャット形式で簡単


\ ココだけの情報が多い! /


介護ジャストジョブ(介護JJ)

 

  • 医療介護業界で10年以上人材紹介
  • 最大20万円の介護職応援プロジェクト実施中!
  • 転職を無理強いしない、本当に親身!完全無料!


\ 親身な対応と良心的な応援金! /



介護専門求人サイト『かいご畑』

 

  • かいご畑の紹介者の57%は無資格からのスタート
  • 介護の資格講座の受講料が0円になる『キャリアアップ応援制度』
  • 短時間や残業ナシなども多数!


\ 無資格スタートならかいご畑 /


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事