訪問介護の仕事ってどんな仕事?
職種、仕事内容、働き方、給料、資格、1日の流れ、仕事の口コミなどを徹底解説します!
訪問介護

訪問介護とは

訪問介護事業所は、ご利用者が自宅・住宅で自立した日常生活が出来るよう、利用者宅を訪問して、身体介護や家事などの生活援助を行うサービスを提供する事業所です。介護保険の指定を受けている事業所は要介護者の自宅等で訪問介護を提供し、障害福祉サービスの指定を受けている事業所は障害者の自宅等で介護等を行い居宅介護(ホームヘルプ)や同行援助などを行います。

訪問介護で働く人の職種

訪問介護の職種ごとの仕事内容などについては以下で詳しく紹介しています。

管理者の仕事

サービス提供責任者の仕事

訪問介護員・ヘルパーの仕事

訪問介護で役立つ資格

訪問介護で、ご利用者の家を訪問してサービス提供を行うためには。

訪問介護員(ヘルパー)として働くためには、介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)、実務者研修、介護福祉士のいずれかの資格が必要です。

サービス提供責任者として働くためには、介護職員実務者研修、介護福祉士の資格が必要です。

2018年からは「3年以上の実務経験を積んだ介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)」という条件ではサービス提供責任者としての資格要件は認められなくなりました。

\ 講座案内を無料で一括資料請求 /


訪問介護の仕事内容とは

訪問介護員・ヘルパーの行う身体介護

訪問介護で行う「身体介護」は、ご利用者の身体に直接触れて行う介助で、以下のようなサービスです。

・就寝や起床における介助
・排せつの介助
・食事の介助
・入浴、清拭の介助
・着替えの介助
・移動の介助
・自立生活支援のための見守り
・特別な配慮が必要な調理(流動食・糖尿病食・腎臓病食など)
・たんの吸引、経管栄養などの医療的ケア(研修が必要)
・服薬の介助

訪問介護員・ヘルパーの行う生活援助

訪問介護で行う「生活援助」には以下のようなサービスが含まれます。

・掃除
・洗濯
・一般的な食事の調理や片付け
・ベッドメイキング
・買い物
・薬の受け取り

障害者への障害福祉サービスの場合に訪問介護や同行援助

障害福祉サービスとしての訪問の場合には、重度の肢体不自由者や重度の知的障害・精神障害などにより様々な行動が難しい障害者の方の支援を行います。視覚障害のある方の買い物などの同行援助、行動が難しい方への行動援助なども業務として行う場合があります。

    通所介護の仕事への就職・転職の口コミ

    訪問介護は特に人材不足で需要が伸びているので、給料はアップしてきています
    訪問介護の仕事は、需要も旺盛なので、アルバイトや非常勤でも採用されやすいです。介護計画に沿って訪問をするので、訪問する時間は原則固定です。
    そのため、もしも休みたいことがあるときなどは、事業所内で早めに相談して代わりを見つけるなどの調整が必要なので、サービス担当責任者の方やほかのヘルパーさんと良い関係を築けるととても働きやすいかと思います。

    訪問介護への就職におすすめの転職エージェント ベスト3

    介護分野への転職を支援しているサービスは、それぞれ紹介できる職場が違っています!
    こちらで紹介している転職サイト・転職エージェントを利用して求人探しや転職をしても、転職をする人には手数料や紹介料は掛かりません
    情報収集のために複数の転職エージェントに登録することをおすすめします!気になる案件が無ければ焦らずにほかの転職サイト・転職エージェントに登録すればきっとよりよい求人に出会えるはずです。

    介護ジャストジョブ(介護JJ)

     

    • 医療介護業界で10年以上人材紹介
    • 最大20万円の介護職応援プロジェクト実施中!
    • 転職を無理強いしない、本当に親身!完全無料!


    \ 親身な対応と良心的な応援金! /


    厳選&非公開求人が多い【ココカイゴ転職】

     

    • 職場の雰囲気や残業、年収など、独自インタビューで詳細に掲載
    • 問い合わせれば好条件な非公開求人も多数、無料の転職支援まで
    • 応募フォームはチャット形式で簡単


    \ ココだけの情報が多い! /


    介護専門求人サイト『かいご畑』

     

    • かいご畑の紹介者の57%は無資格からのスタート
    • 介護の資格講座の受講料が0円になる『キャリアアップ応援制度』
    • 短時間や残業ナシなども多数!


    \ 無資格スタートならかいご畑 /


    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします

    おすすめの記事