介護の現場を円満に退職する方法について、 上司がリーダーに退職を申し出る方法や、 後味が悪くなりやすい退職理由の具体例、 理想的な退職理由の具体例、介護の現場を退職する時の職場への挨拶について紹介します。

介護の現場を円満に退職し、転職する流れ

介護職を円満に退職するには意志表示と辞める日の相談してから、退職届の提出を行い業務の引継ぎを行います。トラブルになるのは急に一方的に伝えることで、辞めたいなら1ヶ月から3ヶ月前から少しずつ準備を行っていき、辞めた後もスムーズに仕事が出来るように配慮をします。この業界は横の繋がりが強く狭いので、もし問題があると新しい職場でも悪いうわさが入り、次の仕事をスムーズに進めるために周囲の人や職場へ迷惑をかけないことが重要です。
辞める前から転職活動を行い次の仕事を決めておくことも大切で、収入がない状態が長く続くを精神的に焦ってしまい条件などで妥協し次の仕事を決めることになります。自分に最適な仕事へ就くためにも、先に次の仕事を決めてから今の職場をやめるのがおすすめです。

法律では退職の申し出は何日前までにすることになっているか

退職する何日前に退職したいことを伝えるかについては、労働基準法の上位法にあたる民法の規定には「期間に定めのない時は2週間前に申し出ること」と記載されています。「期間に定めのない時」とは、就労規則や雇用契約書に退職するときにはいつまでに申し出をするか定められている場合にはその定められた時までに申し出ないと原則退職できない(出社する義務がある)と解釈されます。一般的には就労規則に30日前などと書かれており、職場に迷惑をかけずに退職する場合には少なくとも30日以上前に申し出る方がよいです。

ただ、転職活動も同時進行になるので、面接時などには次の職場から「いつから働けますか?」という質問は絶対にあります。就職を希望して面接を受ける新しい職場からはいつから働けるかを確認され、今の職場には転職活動を隠して新しい職場への確約が取れてから退職を伝えるので調整は難しいところです。おすすめとしては第三者である転職エージェントに入ってもらい、新しい職場側とのやり取りを相談した方が双方に余裕を持って対応ができます。もちろんこととき有給消化は権利なのでできる限り取得してリフレッシュしましょう。有給取得の調整方法も、場数を踏んでいる転職エージェントに相談した方が確実に進められます

今の職場への退職の申し出の方法

介護の仕事をやめたいと思うときは、シフトや人手が不足していて忙しい場合、人間関係や残業が多いなど不満があるために発生します。ただ、退職理由を聞かれたときに会社都合の理由を伝えると上司の心証が悪くなって、辞めるまでの期間が気まずくなる恐れがあります。
不満なところは改善するから残ってほしいとと、引き止めの理由を作ることになるため、理由は自己都合や前向きな理由を作っておくのが無難です。例えば新しい仕事へ挑戦してみたい、スキルアップをしたいためなど第三者からすると引き止めにくい理由にしておくとあまり追求もされません。今の職場に悪い印象を残さずに転職したほうがやはり後味もいいです。

引き止めで後味が悪くなりやすい退職理由の具体例

上司などに退職の意向を伝える時の具体的な退職理由ですが、失敗しないための理由の大原則は、「上司や施設・会社などが原因ではない」ということです。労働基準法などのコンプライアンス違反が明確なブラック企業である場合には、退職を伝える前に労働基準監督署(ハローワーク)に相談して、勤務先の労働基準法違反を理由として有利な条件で離職した方が間違いなく得です。しかし、特に職場の体制的には問題はないけれど給料が低すぎてきつい特定の人間と相性が合わず嫌になってしまった仕事がマンネリ化して職場を変えたくなったなど、多くはこのような理由で「そろそろ転職しようかな…」と思います。

このような職場を退職理由として上司などに退職の話を切り出すとどうなると思いますか?

退職したいです。。。理由は、実は職場の人間関係で・・・・

そうだったの?気づけなくてごめんね。。。
フロア変えたりとかの調整はできるよ。お願いだから残ってほしいなぁ

退職の相談を受けた上司の心の中

辞められちゃうと私の評価下がっちゃうし、、
ほかの人に負担がいって立て続けに退職者出たら大変だし、、
シフトやりくりするのも面倒で最悪私が休日返上とかなるし、、、
退職の相談を受けた場合、上司はいろいろな気持ちが錯綜します。この時、やはり上司も責任を感じますし、その責任から退職者のカバーをすることもあります。
これは上司やリーダーの役割でもあるため仕方がないことですが、少しでも気持ちよく「それじゃ私にはどうにもできないし仕方がない退職の理由だな」と思ってもらえるような退職理由が望ましいのです。

お互いに前向きにとらえることができる退職理由の具体例

介護の領域で働く人は、みんな気持ちの面に弱さと強さの両方を持っていて、前向きなことを嫌いつつも実は好きです。(何言っているかわかりませんね)
人出が少ない中で大変な思いをしている介護職員が多いですが、人を支援する仕事であり、最終的にはチャレンジしてくれるようなものだとそれでも引き止めて残ってほしいとは言うこともできませんし言えません。例えば、以下のように「今の職場・法人では実現が困難」かつ「職場の不満というよりも前向きなキャリア構築」という退職理由の内容だと否定も引き止めもしにくい上、上司や代表なども応援の気持ちがわきやすいです。

知人の紹介で、ずっと興味があった分野の仕事に関われることになったんです。
チャレンジしてみたいため、○月で退職したいと思っています。

素敵ね!今大変なときだから残ってもらえたらうれしいけど・・・
うちの施設だとそういうことはできないし、チャンスがあるなら頑張ってみて!

介護の職場を退職するときの職場への挨拶

転職前に介護の職場の退職日になったら物品の返却や書類の受け取り、次に使う人のためにこれまで使っていたロッカーや靴箱の清掃、お世話になった上司や他のスタッフへこれまで世話になったことのお礼などをします。この時にみんなで食べられる菓子折りを用意しておくといいです。この時注意したいのが利用者への挨拶で、人が変わることに不安を抱き不穏になる恐れもあり、知らせるときも影響のない人だけに限定して行った方が良いです。
有給の消化で最終出勤日と退職する日が違い郵送で書類のやり取りをするときは、最終出勤日に行います。

介護分野での転職は相談しながら進めましょう

転職エージェントとは?

介護分野への転職を支援しているサービスは、それぞれ紹介できる職場が違っています!
こちらで紹介している転職サイト・転職エージェントを利用して求人探しや転職をしても、転職をする人には手数料や紹介料は掛かりません
情報収集のために複数の転職エージェントに登録することをおすすめします!気になる案件が無ければ焦らずにほかの転職サイト・転職エージェントに登録すればきっとよりよい求人に出会えるはずです。

介護ジャストジョブ(介護JJ)

 

  • 医療介護業界で10年以上人材紹介
  • 最大20万円の介護職応援プロジェクト実施中!
  • 転職を無理強いしない、本当に親身!完全無料!


\ 親身な対応と良心的な応援金! /


No1の支持率!カイゴワーカー

 

  • 3年連続楽天リサーチNo1の支持率
  • 休憩や残業、給与の実態、離職率と理由、人間関係まで情報充実
  • 「的外れ」な求人をごり押しすることはない


\ 好条件を勝ち取るなら! /

介護職の転職支援サービス【介護エイド】

 

  • 「人間関係が比較的良好な働きやすい職場」を厳選紹介
  • 求職者の希望と企業側の人材ニーズとのミスマッチが少ない
  • 人間関係で悩まない転職をしたいなら介護エイド一択!


\ 人間関係が安心の職場のみ /


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事