准看護師は、都道府県知事が免許を発行する公的資格です。介護保険施設や介護保険サービスの事業所での准看護師の仕事内容や職種、平均年収、看護師と准看護師の違いなどについて詳しく紹介します。准看護師は、都道府県知事が免許を発行する公的資格です。介護保険施設や介護保険サービスの事業所での准看護師の仕事内容や職種、平均年収、看護師と准看護師の違いなどについて詳しく紹介します。

准看護師とは

准看護師とは、保健師助産師看護師法で定められた公的資格の一つです。法律上は以下のように定義されています。

第五条 この法律において「看護師」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、傷病者若しくはじよく婦に対する療養上の世話又は診療の補助を行うことを業とする者をいう。(昭二六法一四七・平一一法一六〇・平一三法一五三・一部改正)

第六条 この法律において「准看護師」とは、都道府県知事の免許を受けて、医師、歯科医師又は看護師の指示を受けて、前条に規定することを行うことを業とする者をいう。(昭二六法一四七・平一三法一五三・一部改正)

第八条 准看護師になろうとする者は、准看護師試験に合格し、都道府県知事の免許を受けなければならない。(昭二六法一四七・平一三法一五三・一部改正)
保健師助産師看護師法

准看護師の仕事

准看護師の仕事は、主に診療の補助と療養上の世話です。正看護師と法律上で定められている仕事は同じで、病気や怪我の治療を受ける人や介護を必要とする人に、体調の管理や健康上の様々な問題を考慮しながら支援をしていきます。

病院などの医療機関の場合では、患者の医療の提供に、医者や薬剤師、他いろいろな医療職とチームの一員として患者の治療を支えます。看護師は診療の補助を行うということが業務の一つであり、医師が診断や治療を効果的に進められるように診察や検査、処置の補助などを行います。また採血や注射、点滴など医師の指示を受けて看護師が行うこともあります。

介護分野での准看護師の仕事

介護保険施設や介護保険サービスの事業所では准看護師は看護師と同様の取り扱いであり「看護職員」という職種で働きます。医療機関や病院では、看護師を配置している場合と准看護師を配置している場合で医療報酬の違いがあることから、看護師との関係性はやや上下関係がありますが、介護保険施設や介護保険サービスの分野では看護師も准看護師も同様に「看護職員」であり施設に必要な人材なのでニーズはとても高くなっています。

准看護師は日常的に患者や利用者と接するため、体温や血圧、脈拍、呼吸状態、食事量や排泄状況、睡眠の状況、痛みの有無などバイタルサインや患者や利用者からの訴えなどを把握し、連携する医師の判断、生活上の医学的管理を補助します。また、看護師は公衆衛生や感染症対策などの医学的知識を用いて、介護職員などへの衛生面の指導、医学的観点からのより良いケアの助言などを行うという側面もあります。

介護保険施設や介護保険サービス事業所で働く場合には、医療機関に比べて医師の関与が少ないため、看護師が日常的な医療管理や緊急時の判断などを役割として担うことが多いです。

准看護師・看護師ともに有資格者は介護施設では「機能訓練指導員」という、利用者の状態に応じた機能訓練を行う職種で働くこともできるので、通所介護などの場合には機能訓練指導員も兼務して働いてほしいとお願いされる場合もあります。

理学療法士(PT)や作業療法士(OT)などがリハビリテーションの専門職として機能訓練指導員を担うことが多いですが、介護分野にPT・OTが少ないことから、看護師や准看護師が機能訓練の役割を行うことが増えており、とても重宝されています。

看護師(正看護師)と准看護師の違い

准看護師と看護師資格は、法律上は「保健師助産師看護師法」で定められた資格ですが、資格取得の課程、資格を認定は別になっています。ただし、業務については看護師も准看護師も法律上の定めに大きな違いはなく、主に診療の補助と療養上の世話という部分になっています。

世間的に准看護士に対して、看護師国家資格の有資格者を「正看護師」と言いますが、正看護師という言葉は法律上にはなく、准看護師と看護師の資格が別であることから明確に区分したい場合に使われるようです。

第二十一条 看護師国家試験は、次の各号のいずれかに該当する者でなければ、これを受けることができない。
一 文部科学省令・厚生労働省令で定める基準に適合するものとして、文部科学大臣の指定した学校において三年以上看護師になるのに必要な学科を修めた者
二 文部科学省令・厚生労働省令で定める基準に適合するものとして、厚生労働大臣の指定した看護師養成所を卒業した者
三 免許を得た後三年以上業務に従事している准看護師又は高等学校若しくは中等教育学校を卒業している准看護師で前二号に規定する学校又は養成所において二年以上修業したもの
四 外国の第五条に規定する業務に関する学校若しくは養成所を卒業し、又は外国において看護師免許に相当する免許を受けた者で、厚生労働大臣が第一号又は第二号に掲げる者と同等以上の知識及び技能を有すると認めたもの
(昭二六法一四七・平一〇法一〇一・平一一法一六〇・平一三法一五三・一部改正)

保健師助産師看護師法

 

准看護師の資格取得方法

准看護師の資格は、文部科学大臣の指定した学校において二年の看護に関する学科を卒業するか、准看護師養成所(専門学校や高校の看護学科等)を卒業することが必要で、原則その上で准看護師試験に合格することが必要です。

第二十二条 准看護師試験は、次の各号のいずれかに該当する者でなければ、これを受けることができない。
一 文部科学省令・厚生労働省令で定める基準に適合するものとして、文部科学大臣の指定した学校において二年の看護に関する学科を修めた者
二 文部科学省令・厚生労働省令で定める基準に従い、都道府県知事の指定した准看護師養成所を卒業した者
三 前条第一号、第二号又は第四号に該当する者
四 外国の第五条に規定する業務に関する学校若しくは養成所を卒業し、又は外国において看護師免許に相当する免許を受けた者のうち、前条第四号に該当しない者で、厚生労働大臣の定める基準に従い、都道府県知事が適当と認めたもの
(昭二六法一四七・平一一法一六〇・平一三法一五三・一部改正)

保健師助産師看護師法

准看護師の平均年収・給料

看護師の平均年収は令和元年の調査によると、看護師の平均年収が約480万円、准看護師の平均年収は約405万円となっています。この金額は医療機関も介護施設も含んですべてとなっています。

介護保険施設や介護保険サービスでも看護師の夜勤がある職場もありますが、通所介護(デイサービス)や訪問看護など、夜勤はなく日中だけ働くというような形の勤務もあるので、自分のライフスタイルに合わせて働き方により給料も異なってきます。

従来は医療機関に勤める看護師が多かったですが、現在は介護保険分野でも看護師・准看護師の求人が増えており、需要が増えているので看護師の給料や待遇も向上してきています。特に介護分野では看護師と准看護師の資格で待遇の差はほぼなく、看護師の水準で准看護師も求人があるのでオススメです。

ジョブメドレー

 

  • 医師や薬剤師、事務長などの求人も扱っているからハイクラスも多い!
  • 自ら検索するサーチ型なので、登録後に自分のペースで職探しが可能
  • しつこい電話や催促は来ないのでじっくり好待遇を探せる!


\ 好待遇の最大手! /

介護の仕事のことがまるわかり!

介護の仕事について知る!

介護の職場(施設・事業所)の種類から仕事を探す
介護分野の職種から仕事を探す
持っている資格・過程修了・認定から仕事を探す
介護分野での転職・キャリアアップについて知る
おすすめの記事