認知症介護指導者研修とは?受験資格や費用、活用場面、給料

認知症介護は、高齢化社会においてますます重要性を増しています。この分野での専門知識とスキルは、質の高いケアを提供する上で不可欠です。そこで注目されるのが「認知症介護指導者養成研修」です。この記事では、認知症介護指導者としての役割、受講資格、研修の費用、資格の活用場面、そして資格取得が給料に与える影響について詳しく解説します。認知症介護の専門家を目指す方や、介護業界でのキャリアアップを考えている方にとって、必読の内容です。

認知症介護指導者養成研修とは

認知症介護指導者養成研修は、認知症介護の質を向上させるために重要な役割を担う資格です。この研修では、認知症介護基礎研修や認知症介護実践者研修を企画立案し、講義・演習・実習を担当する能力を身につけることができます。また、介護保険施設や事業所で提供される介護サービスの質の改善について指導することも可能になります。

認知症介護指導者研修の受講資格

認知症介護指導者養成研修の受講資格には、以下の要件があります:

  1. 医師、保健師、助産師、看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、社会福祉士、介護福祉士、精神保健福祉士などの資格を有する者。
  2. 介護保険施設・事業所等に従事している者、福祉系大学や養成学校等で指導的立場にある者、民間企業で認知症介護の教育に携わる者。
  3. 認知症介護実践リーダー研修を修了した者。

認知症介護指導者養成研修のカリキュラム・研修内容

研修は9週間にわたって実施され、前期3週間・後期2週間はセンターで講義・演習・実習、途中4週間は自職場で実習に取り組み、認知症介護に関する専門的な知識及び技術や、研修プログラム作成方法及び教育技術を修得します。認知症介護指導者養成研修は、全 313 時間にも及ぶ研修になっています。

認知症介護研修総論 認知症介護研修総論

・認知症介護実践者等養成事業の実施(3 時間)
・認知症ケアに関する施策と行政との連携(3 時間)
・研修の目標設定と研修総括(13 時間

認知症ケアにおける 認知症ケアにおける教育の理論と実践

・教育方法論(20 時間)
・授業設計法(28 時間)
・模擬授業(14 時間)
・研修企画と評価(7 時間)

認知症ケア対応力向上のための人材育成 ための人材育成

・人材育成論(3 時間)
・成人教育論(4 時間)
・認知症ケアに関する研究法の概論(3 時間)
・職場研修企画(14 時間)
・職場研修(4 週間)
・職場研修報告(14 時間)

地域における認知症対応力向上の推進

・地域における認知症の人への支援体制づくり(4 時間)
・他施設・事業所の指導のあり方(4 時間)
・他施設実習企画(1 時間)
・他施設実習(24 時間)
・他施設実習中間報告(7 時間)
・地域における指導の理論と実践(他施設実習総括)(7 時間)

認知症介護指導者研修の費用

認知症介護指導者養成研修の受講料は230,000円です。これに加えて、教材費や災害傷害保険料、宿泊費などが必要になる場合があります。

認知症介護指導者研修の費用については高額になっており、自分で意欲的に自ら研修費用を出費して受講する人もいますが、勤務先の方針や人員体制の問題でこの研修を受講して認知症のご利用者の受け入れを強化したり、そのような体制を評価する認知症専門ケア加算の算定するための体制づくりなどをすることを条件にを利用負担してくれる事業者が多いです。

認知症介護指導者の資格を活用できる場面

認知症介護指導者が所属する事業所には、その配置を要件の一部とした「認知症専門ケア加算」が算定できるため取得するよう勤務先から勧められて受講することも多いです。

認知症介護指導者の資格は、自法人内での活躍や対外での活動においても役立ちます。例えば、施設内研修の企画や立案、チームケアの推進、認知症介護実践研修等の講師・ファシリテーター、認知症介護の当事者や地域住民向けの相談員、啓発活動の担当者など、多岐にわたる役割を果たすことができます。

認知症介護指導者を取得すると給料は増える?

認知症介護指導者の資格を取得することで、専門性が高まり、職場での評価が上がる可能性があります。これにより、給料が増える可能性もありますが、具体的な給与の増減は職場や地域、個人の能力や経験によって異なります。資格取得によるキャリアアップや専門性の向上が給与に反映されるケースは多いですが、必ずしも全ての職場で給料が増えるわけではありません。

 


非公開求人無し!登録したら全求人を自分で探せる!
求人案件数最大級!介護系職種(介護士など)の求人サイト「ジョブメドレー」登録後に見れる求人情報サイトで、自分のペースで探して興味あれば問い合わせる形式なので求人紹介のしつこい電話や催促がないのも安心です。

少しの情報で、すぐ登録可能!介護系職種(介護士など)の求人サイト「ジョブメドレー」

「ジョブメドレー」は、都心だけでなく、地方にも強いです。しかも、ケアマネや介護職員の他、生活相談員や看護師、社会福祉士、管理者や施設長・事務長などの高ポジションもジョブメドレーだからこそです。登録すると、検索条件で求人をどんどん調べられるので、お気軽に登録してもよいと思いますよ!

看護師・准看護師の求人探し、転職をご検討の場合には

看護師・准看護師の資格をお持ちの方で、求人を探している、今の職場からの転職を検討している、しばらく仕事をしていなかったが再度看護師の仕事をしたいと思っているなど、あなたの状況や希望の職場を見つけるために転職サイトへの登録をおすすめします。看護師側は特に費用はかからずいろいろな情報を教えてもらいたり、職場の様子や働く時の条件の交渉などを相談したり第三者が入ることでなかなか確認しづらいことがスムーズに進みます。 自分の力だけで新しい勤務先を探すのは大変なことなので、利用できるものは利用した方が良いかと思います。総合福祉転職ナビというサイトでは、看護師におすすめの転職サイト・転職エージェントのランキングを紹介しているので自分に合っている転職サイトを見つけて登録をしてみましょう。

 看護師におすすめの転職サイトランキング!14社を一覧で比較!(総合福祉転職ナビ)

 
介護の仕事のことがまるわかり!

介護の仕事について知る!

介護の職場(施設・事業所)の種類から仕事を探す
介護分野の職種から仕事を探す
持っている資格・過程修了・認定から仕事を探す
介護分野での転職・キャリアアップについて知る
おすすめの記事