特養の機能訓練指導員のイメージ

特別養護老人ホーム(特養)の機能訓練指導員ってどんな仕事?
仕事内容、働き方、給料、資格、仕事の口コミなどを徹底解説します!

特別養護老人ホーム(特養の機能訓練指導員の仕事のポイント早見表

特別養護老人ホーム(特養)の機能訓練指導員の仕事のポイントをまとめました!

人間 介護職員・看護職員・利用者・家族などとの関係性が大切
休み 近年は有給や希望休取得などもしやすい施設が増えているが、施設方針により様々。
夜勤 機能訓練指導員は通常夜勤は無い。
残業 仕事内容を明確にしないと自己管理が難しい。気になる場合には面談時などに確認を。
経験 機能訓練指導員は利用者100名に対して1名という基準なので一人職場のことも多く、臨床経験や知識、連携経験などが役立つ。
給料 年収420万、月収で28万円くらい。法人の給与水準により異なる。
資格 理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、看護師、准看護師、柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師のいずれかの資格。
事務 計画書の作成などでパソコン作業も多い。記録等も。
送迎 特養としては送迎は相談員や送迎スタッフが行うことが多いので基本は行うことはない。
レク レクを補助的に関わることや、集団体操などを企画実施することがある。

(地域や事業所によって条件や業務内容に違いがありますのであらかじめご了承ください)

特別養護老人ホーム(特養)の機能訓練指導員に必要な資格

特別養護老人ホーム(特養)の機能訓練指導員をするには、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、看護師、准看護師、柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師のいずれかの国家資格が必要です。機能訓練指導員という職種に必要な資格はいろいろで、それぞれの保有資格により得意分野・不得意分野があると思います。

特別養護老人ホーム(特養)とは

特別養護老人ホームとは、介護保険施設の1つで、在宅での生活が困難になった要介護3、要介護4、要介護5の高齢者が入居できる高齢者の住まいです。運営主体が医療法人か社会福祉法人に限られているため、公的な意味合いが強い施設となっています。法律的には特別養護老人ホームは「介護老人福祉施設」となっています。一般的には、特別養護老人ホームは、通称「特養(とくよう)」と呼ばれています。

民間運営の有料老人ホーム等に比べると、料金の基本設定は安くなっており、所得に応じて「介護保険自己負担限度額認定証」の制度がようできるので自己負担する金額の減額できる場合があります。特養に入居するための順番待ちは多く、多くのケースで入居したら体調が悪化して医療機関に入院して退去となるか、お亡くなりになる看取り対応までするかという長期間の関わりになります。

特別養護老人ホーム(特養)の機能訓練指導員の業務内容・役割とは

特別養護老人ホーム(特養)の機能訓練指導員の役割は、機能訓練や残存能力の活かし方、ご利用者の生活を専門的な観点から考えアセスメントし、ケア方針や具体的ケアに落とし込んでいくことです。常勤専従として勤務し、個別機能訓練加算を算定する体制の場合には、個別機能訓練加算の算定基準に沿って、計画書の作成などを行います。介護施設のなかではそれぞれの専門性や経験をいろいろ持ち合わせたスタッフが集まっているので、「こうあるべきだ!」と一般論を一方的に言い放ってしまったり、他のスタッフの対応や意見を過度に否定したりしないようにして、中長期入居生活を送るご利用者に現実的な関わり方を、ご利用者・ご家族・ケアマネや他の職種と調整していきましょう。

    機能訓練指導員が担当する人数

    特養の機能訓練指導員の場合、特養の基準として入居者100名に対して機能訓練指導員が1以上となっています。この基準では、1名というわけではなく、1となっており、看護職員などが機能訓練指導員を兼務していることもあります。つまり、特養の機能訓練指導員は100名に対してその方の残存機能を活かすことや、機能訓練のことを考えていくということです。

    特養の個別機能訓練加算 [12単位/日]を算定する場合の業務

    特養では、常勤専従の理学療法士、作業療法士、言語聴覚士等の機能訓練指導員を1名以上配置していることや、ひとりひとりに個別機能訓練計画を立てて計画的に取り組むなどを行ったことを評価する加算として、個別機能訓練加算があります。この加算を算定する場合には、常勤専従で機能訓練指導員としてはたらき、原則利用者全員の個別機能訓練計画書を作成するなどの事務作業も多くなります。

    他のスタッフとの関わり・提供方法・立ち位置の違い

    理学療法士などのリハビリ専門職や、柔道整復師などの療養治療を行う専門職として一般的な働き方をする場合、患者と1対1で数十分関わることが多いですが、特養の機能訓練指導員として働くときは、介護や看護のスタッフとともに機能訓練に取り組むという違いがあります。

    特別養護老人ホーム(特養)の機能訓練指導員の仕事の口コミ

    特養の機能訓練指導員は100名の入居者に対して1名という基準があり、機能訓練指導員は職場に1名か2名程度しかいないことが多いです。医療分野のリハビリとは大きく違うことと、自分一人では全員に直接提供は困難なことで最初は悩むと思いますが、身体機能やADLに関する専門性を噛み砕いてチームで啓発し、関係性ができてくるとご利用者の意欲や安心、施設の雰囲気のアップなどを体感できやりがいを感じられます。
    特養では介護職と看護職がほとんどなので、ほかの職種とコミュニケーションとらなかったり、専門職としての価値観だけで一方的な主張をしていると機能訓練指導員だけ浮いてしまい不安とストレスで嫌になるというケースもあります。介護や生活の中に、現実的な機能訓練要素・リハビリ要素をうまく取り入れてもらいながら、ほかの職員と溝ができないようにすることがポイントだと思います。

    特別養護老人ホーム(特養)の機能訓練指導員の転職・求人におすすめの紹介サイト ベスト3

    PT/OT/STの転職紹介なら【マイナビコメディカル】

    おすすめの3つのポイント!

    • いわずと知れたマイナビの、無料の転職・求人紹介
    • 理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)専用!
    • 登録は1分で完了!


    \ 言わずと知れた大手マイナビ! /


    介護職応援プロジェクト20万円がもらえる介護・福祉の転職サイト『介護JJ』

     

    • 医療介護業界で10年以上人材紹介
    • 最大20万円の介護職応援プロジェクト実施中!
    • 転職を無理強いしない、本当に親身!完全無料!


    \ 親身な対応と良心的な応援金! /


    介護の仕事のことがまるわかり!

    介護の仕事について知る!

    介護の職場(施設・事業所)の種類から仕事を探す
    介護分野の職種から仕事を探す
    持っている資格・過程修了・認定から仕事を探す
    介護分野での転職・キャリアアップについて知る
    おすすめの記事