介護の仕事での残業時間はどれくらい?時間外労働問題

介護の仕事は、日々の生活の支援を通して高齢者の生活をサポートする非常に貴重な職業です。しかしながら、この仕事には長時間労働や過重労働の問題があり、特に残業時間については問題視されています。介護の仕事での残業時間について、その実態や取り組みについて詳しく見ていきます。

介護の仕事での残業時間の実態

介護の仕事での残業時間は、施設によって異なるため一概には言えませんが、一般的には多い傾向にあります。

厚生労働省の調査によると、介護職員の平均残業時間は月に20時間以上であり、そのうち3割が30時間以上の残業をしているという報告があります

また、深夜勤務や週末の勤務も多いため、睡眠不足やストレスが原因で健康被害を訴えるケースも少なくありません。特に、高齢化社会の進展により、介護需要が増加している現在では、介護職員の負荷が非常に大きいと言えます。

介護保険施設で働く人の残業が多い理由

介護保険施設で働く人の残業が多い理由は、いくつかの要因が組み合わさっています。介護保険施設で働く人の残業が多い状況が続いています。今後は、労働環境の改善や人材確保、効率的な業務運営の推進が求められるでしょう。

人手不足

介護業界は、高齢化社会の進行に伴い、サービスの需要が急増している一方で、人手不足が深刻な問題となっています。スタッフが不足しているため、現場で働く人が多くの業務を担当しなければならず、結果として残業が増える傾向にあります。

24時間体制のシフト業務

介護保険施設では、入所者のケアや支援が24時間体制で行われているため、夜間や休日も業務が必要です。このため、シフトによっては残業が発生しやすくなります。また、休憩が取れない職場やシフトで設定した時間以上の労働が当たり前になっている職場もあるようです。

緊急対応・急変対応・事故対応

介護現場では、入所者の体調変化や急なトラブルが発生することがあります。これらの緊急事態に対応するため、予定外の残業が発生することがあります。事故が発生した場合などには、緊急で事故報告書を作成することや

書類作成や報告業務

介護保険施設のスタッフは、ケアプランの作成や変更、利用者の記録や報告書の作成など、業務に関連する書類作成や報告業務が求められます。これらの業務は、直接的なケア業務が終了した後に行われることが多く、残業につながっています。業務が効率化できていない場合、管理者や生活相談員に特に月末や月初には書類業務の残業が発生しやすいです。

研修や会議

介護業界では、スキルアップや法令改正に対応するための研修が定期的に行われます。また、施設内での情報共有や連携のための会議が開かれることもあります。これらの活動が業務時間外に行われる場合、残業が増える要因となります。

全部当てはまる職場の場合には、組織的にも経営者・管理者にも大きな問題があることが予測され、残業を減らすことはかなり難しいでしょう。耐えるより転職をすることも選択肢でしょう。今の職場で改善の努力をする覚悟があれば続けてもよいかもしれませんし、時間が労働分の給料が支払われていてWIN-WINな状態もあるかもしれません。

残業が多くてつらい場合には、改善されている職場も増えているため、情報収集だけでも始める方がよいかと思います。


非公開求人無し!登録したら全求人を自分で探せる!
求人案件数最大級!介護系職種(介護士など)の求人サイト「ジョブメドレー」登録後に見れる求人情報サイトで、自分のペースで探して興味あれば問い合わせる形式なので求人紹介のしつこい電話や催促がないのも安心です。

少しの情報で、すぐ登録可能!介護系職種(介護士など)の求人サイト「ジョブメドレー」

「ジョブメドレー」は、都心だけでなく、地方にも強いです。しかも、ケアマネや介護職員の他、生活相談員や看護師、社会福祉士、管理者や施設長・事務長などの高ポジションもジョブメドレーだからこそです。登録すると、検索条件で求人をどんどん調べられるので、お気軽に登録してもよいと思いますよ!

残業時間削減のために求められる取り組み

介護の仕事での残業時間を削減するためには、複数の取り組みが求められます。例えば、施設内での業務の見直しや効率化、職員の増員や研修の強化、残業時間を減らすための補助金制度の整備などが挙げられます。こうした取り組みを行うことで、介護職員の負担軽減と残業時間の削減を図ることができます。また、働き方改革に取り組み、柔軟な働き方の導入やプライベートの時間を確保することも必要です。これには、テレワークやフレックスタイムの導入、有給休暇の取得促進、職員のワークライフバランスを考慮したシフトの組み立てなどが含まれます。これらの取り組みによって、介護職員の負担軽減と残業時間の削減を図ることができます。

介護の仕事で働く人々にとっての課題

介護の仕事で働く人々にとって、残業時間が多いことが大きな課題となっています。長時間労働や過重労働によって、身体的・精神的健康に悪影響を及ぼすことがあります。また、家族との時間が取りにくかったり、趣味や自己研鑽の時間を確保できなかったりすることがストレスの原因となることもあります。そのため、働き方改革に取り組むことが、介護職員のストレス軽減や仕事の充実度向上につながると言えます。

まとめ

介護の仕事での残業時間は、多くの場合、過剰なものであり、労働者のストレスや健康被害につながることがあります。介護職員の負担を軽減するためには、施設内での業務の見直しや効率化、職員の増員や研修の強化、働き方改革など、複数の取り組みが必要であることが分かりました。今後も、介護の仕事で働く人々にとって、より働きやすい環境が整備されることを望みます。


非公開求人無し!登録したら全求人を自分で探せる!
求人案件数最大級!介護系職種(介護士など)の求人サイト「ジョブメドレー」登録後に見れる求人情報サイトで、自分のペースで探して興味あれば問い合わせる形式なので求人紹介のしつこい電話や催促がないのも安心です。

少しの情報で、すぐ登録可能!介護系職種(介護士など)の求人サイト「ジョブメドレー」

「ジョブメドレー」は、都心だけでなく、地方にも強いです。しかも、ケアマネや介護職員の他、生活相談員や看護師、社会福祉士、管理者や施設長・事務長などの高ポジションもジョブメドレーだからこそです。登録すると、検索条件で求人をどんどん調べられるので、お気軽に登録してもよいと思いますよ!

介護分野の仕事探しは、求人案件数最大級でサーチ型の求人・転職サイトで!

看護師・准看護師の求人探し、転職をご検討の場合には

看護師・准看護師の資格をお持ちの方で、求人を探している、今の職場からの転職を検討している、しばらく仕事をしていなかったが再度看護師の仕事をしたいと思っているなど、あなたの状況や希望の職場を見つけるために転職サイトへの登録をおすすめします。看護師側は特に費用はかからずいろいろな情報を教えてもらいたり、職場の様子や働く時の条件の交渉などを相談したり第三者が入ることでなかなか確認しづらいことがスムーズに進みます。 自分の力だけで新しい勤務先を探すのは大変なことなので、利用できるものは利用した方が良いかと思います。総合福祉転職ナビというサイトでは、看護師におすすめの転職サイト・転職エージェントのランキングを紹介しているので自分に合っている転職サイトを見つけて登録をしてみましょう。

 看護師におすすめの転職サイトランキング!14社を一覧で比較!(総合福祉転職ナビ)

 

介護の仕事について知る!

介護の職場(施設・事業所)の種類から仕事を探す
介護分野の職種から仕事を探す
持っている資格・過程修了・認定から仕事を探す
介護分野での転職・キャリアアップについて知る
おすすめの記事