介護職員の働き方の種類 - 日勤、夜勤、早番、遅番などを解説

介護職員は、高齢者や障害者の日常生活を支援する重要な役割を担っています。しかし、介護のニーズは24時間365日休むことなく存在するため、介護職員の働き方にも様々な種類があります。本記事では、介護職員の働き方の種類を、日勤、夜勤、早番などの例を挙げて具体的に解説します。

日勤

日勤は、一般的な働き方であり、主に朝から夕方までの時間帯に勤務する形態です。この時間帯は利用者が活動的であり、食事や入浴、レクリエーションなどのサポートが中心となります。日勤は、家庭との両立がしやすく、生活リズムが整った働き方として多くの介護職員が選択しています。

夜勤

夜勤は、夜間の時間帯に勤務する形態で、主に夕方から翌朝までの勤務です。夜間は利用者の活動が少ないため、介護の内容は見守りや緊急時の対応が中心となります。夜勤は、昼間の時間を活用できるため、家庭や趣味との両立を図ることができますが、生活リズムの乱れや健康面への影響に注意が必要です。

一方で夜勤専門で働くことや、夜勤専従でダブルワークするという働き方もあり、夜勤手当等が付くので、日勤の勤務より高収入となることが多いため、一部の方には魅力的な働き方となっています。介護施設の場合には、正社員として雇用されている場合には日勤と夜勤・早番を組み入れてシフト制で勤務することが多いです。

早番

早番は、朝早くから働く形態で、主に早朝から昼頃までの勤務です。この時間帯は利用者の起床や朝食のサポートが中心となります。早番は、昼過ぎからの時間を活用できるため、家庭や趣味との両立が可能ですが、朝の早い起床に慣れる必要があります。

遅番

遅番は、昼過ぎから夜まで働く形態で、主に昼頃から夕方までの勤務です。この時間帯は利用者の夕食や入浴のサポートが中心となります。遅番は、朝の時間を活用できるため、家庭や趣味との両立が可能ですが、夜遅くまで働くことに慣れる必要があります。

最も多いのはシフト制

シフト制は、勤務時間や曜日が柔軟に変更できる働き方で、日勤、夜勤、早番、遅番などを組み合わせて勤務することが一般的です。シフト制は、介護施設や利用者のニーズに応じて働くことができますが、勤務スケジュールが不規則なため、生活リズムの維持が難しい場合があります。

パートタイム・アルバイト

パートタイムやアルバイトは、勤務時間が短い形態で、主に一定の曜日や時間帯に勤務します。この働き方は、家庭や学業との両立がしやすく、無理なく働けるというメリットがあります。ただし、正社員に比べて待遇面での制約があることが一般的です。

以上のように、介護職員の働き方は多岐にわたります。自分のライフスタイルや希望に合った働き方を選ぶことで、介護職員としての仕事にやりがいを感じることができます。また、働き方のバリエーションを理解することは、他の職員との協力や連携を円滑に進める上でも有益です。

介護職として働くなら、日勤、夜勤、早番、遅番どれがよいのか

介護職の働き方には、日勤、夜勤、早番、遅番などがありますが、どれがよいのかについては人によって異なります。

夜勤に関しては、特に体力的・精神的にきついと感じる人が多いようです。夜勤のきつさについて簡単に紹介します。夜勤は夜間に働くため、昼夜逆転の生活リズムになります。これにより、睡眠リズムが乱れることがあり、疲労感や体調不良を引き起こすことがあります。また、夜間は、人員が少なくなるため、1人あたりの業務量が増えることがあります。これにより、体力的な負担が大きくなることがあります。

夜間の介護業務は、利用者の急変や緊急事態に対応することが求められることがあります。これにより、精神的なストレスが大きくなることがあります。

夜勤が終わった後は、明けとしてお休みになることが多いです。次の日勤や休日への切り替えが難しいことはありますが、タフな人であれば、これにより、プライベートな時間の確保や、家族との時間をうまくとれるというメリットもあります。

介護職については、需要が高く、いろいろな施設で待遇を改善するなど、自分に合った働き方ができる職場も増えてきています。


非公開求人無し!登録したら全求人を自分で探せる!
求人案件数最大級!介護系職種(介護士など)の求人サイト「ジョブメドレー」登録後に見れる求人情報サイトで、自分のペースで探して興味あれば問い合わせる形式なので求人紹介のしつこい電話や催促がないのも安心です。

少しの情報で、すぐ登録可能!介護系職種(介護士など)の求人サイト「ジョブメドレー」

「ジョブメドレー」は、都心だけでなく、地方にも強いです。しかも、ケアマネや介護職員の他、生活相談員や看護師、社会福祉士、管理者や施設長・事務長などの高ポジションもジョブメドレーだからこそです。登録すると、検索条件で求人をどんどん調べられるので、お気軽に登録してもよいと思いますよ!

看護師・准看護師の求人探し、転職をご検討の場合には

看護師・准看護師の資格をお持ちの方で、求人を探している、今の職場からの転職を検討している、しばらく仕事をしていなかったが再度看護師の仕事をしたいと思っているなど、あなたの状況や希望の職場を見つけるために転職サイトへの登録をおすすめします。看護師側は特に費用はかからずいろいろな情報を教えてもらいたり、職場の様子や働く時の条件の交渉などを相談したり第三者が入ることでなかなか確認しづらいことがスムーズに進みます。 自分の力だけで新しい勤務先を探すのは大変なことなので、利用できるものは利用した方が良いかと思います。総合福祉転職ナビというサイトでは、看護師におすすめの転職サイト・転職エージェントのランキングを紹介しているので自分に合っている転職サイトを見つけて登録をしてみましょう。

 看護師におすすめの転職サイトランキング!14社を一覧で比較!(総合福祉転職ナビ)

 
介護の仕事のことがまるわかり!

介護の仕事について知る!

介護の職場(施設・事業所)の種類から仕事を探す
介護分野の職種から仕事を探す
持っている資格・過程修了・認定から仕事を探す
介護分野での転職・キャリアアップについて知る
おすすめの記事